よもぎ蒸し 自宅 デメリット

多くの女性が一度始めたら病みつきになるのがこのよもぎ蒸しです。
でも、これはある程度の期間、回数を重ねていかないと本当の効果は得られません。
そこで『よもぎ蒸しセット』を購入して自宅でよもぎ蒸しをする方が増えてきています

多くの女性が【よもぎ蒸し】にハマっています。

「継続は力なり」
これは美容と健康には必須です!

最近では【妊活】にもよいらしいとのことでたくさんの妊活中の女性たちにも注目を集めています。

妊活は数か月から数年の長期戦を覚悟しなければなりません。
健康な子宮を目指しましょう。

よもぎ蒸しの効果はこちらの記事もご参考にしてみてください。

でも、この「よぎ蒸し」を1回や2回では本当の効果は得られません。
「よもぎ蒸し」の効果は
① ダイエット効果
② 美肌効果
③ 老廃物の排出促進のデトックス効果
④ アンチエイジング
⑤ 婦人科系疾患(生理痛などの改善)
とされていますが、それもある程度の期間と回数がないと実感できません。
ですが、多くの方が最初の数回だけ「よもぎ蒸しサロン」に通って後は徐々にフェードアウトする方がほとんどです。
でも、それで本当によもぎ蒸しの効果を得られているのでしょうか?

効果を体感するためによもぎ蒸しの頻度

本当によもぎ蒸しで効果を得られる頻度は
1か月に6~10回程度がおすすめ
といわれています。
しかもそれを最低でも数か月は続けていかないといけません。

これくらいの頻度でよもぎ蒸しを行うにはちょっとサロンに通い詰めるのも大変ですよね。
ですので、よもぎ蒸しの効果を本気で得ようと考えているのなら【自宅でよもぎ蒸しをやる】こともぜひ検討してみてください。

でも、自宅でよもぎ蒸しをやるのってデメリットもありますよね。
① 自宅用のよもぎ蒸しセットが邪魔
② よもぎ蒸しを終えた後の片付けが大変
③ よもぎ蒸しの道具を揃えないといけない
④ よもぎ蒸し後の漢方薬のニオイが気になる
⑤ 自己流でやるよもぎ蒸しのやり方が不安
こんなよもぎ蒸しを自宅でやる時にはデメリットが考えられます。

それでも、やっぱり自宅でのよもぎ蒸しをおすすめしたいものです。
それは・・・
よもぎ蒸しってある程度の期間にわたって定期的にやらないと効果が実感できないからです!

よもぎ蒸しの効果はみなさん実感されているのですから、できれば自宅でのよもぎ蒸しも続けてみて欲しいのです。
今回は「よもぎ蒸しを自宅でする時のデメリット」とその対策も考えてみましょう。

自宅でやるよもぎ蒸しのデメリット① 自宅用よもぎ蒸しセットが邪魔

ただでさえ物で溢れかえっている我が家・・・
こんな状況でさらに自宅用よもぎ蒸しセットを置くなんて邪魔になるに違いない!
と考える方も多いです。
でも、自宅用よもぎ蒸しセットって
よもぎ蒸し用の穴の開いた椅子
よもぎを煮出す電気鎌
よもぎパック
汗を出やすくする上からかぶるマント
です。
この中で一番邪魔になりそうなのが「よもぎ蒸し用の穴の開いた椅子」ですよね。
では、この椅子がどんな大きさかというと・・・

よもぎ蒸し用の椅子

それほど大きなものではありません。
ちょっちしたリビングの隅っこにも十分置いておけるスペースはあるのではないでしょうか?

自宅でやるよもぎ蒸しのデメリット② よもぎ蒸しを終えた後の片付けが大変

よもぎ蒸しを行った後は汗びっしょりになります。
そんな状況でよもぎ蒸しの後片付けをするのが面倒かもしれません。

でも、自宅でよもぎ蒸しを行うのであれば、ゆっくりと休憩をしてからの~んびり片付けをすればいいのではないでしょうか。
失った水分を補給するためにハーブティーなんかをたくさん飲んで、まったりと時間をかけて徐々に汗をひかせていく時間
これが「よもぎ蒸しの自宅でやる最大のメリット」でもあるなによりの至福の時間なんです。

よもぎ蒸し後の至福の時間

なかなか次のお客さんも待っている状態のサロンでは、よもぎ蒸し後のまったりとした時間はあまりとることはできません。
また、よもぎ蒸しではその後はシャワーをすぐに浴びずに肌に付着したよもぎ成分を洗い流さないほうが良いとされています。
これも自宅なら簡単に実現できます。

よもぎ蒸し後の片付けで面倒なのが「使用後のよもぎ」の処理

よもぎ蒸しのセット自体はさほど大掛かりなものではないので、片付けもさほど大変ではないと思います。
でも、ちょっと面倒なのが「使用後のよもぎ」の処理ではないでしょうか?
ぐつぐつ煮出したよもぎの細かい葉が電気釜の中にたくさん残っています。
そのまま流し台に捨てることもできません。

でも、ちょっと工夫すればよもぎ蒸し後のよもぎの処理も簡単にできます。
よもぎを煮出す電気釜に入れる前にネットに入れておけば、後でポンと簡単に捨てられます。
面倒くさいのであれば百均の台所用ネットを使用して、使い捨てにするのもいいかもしれません。


よもぎ蒸し後の片付けで面倒なのが「使用後のマントの洗濯」

よもぎ蒸しでは大量の汗をかきます
ですので、毎回使用したよもぎ蒸し用マントは洗わないといけません。

よもぎ蒸し用マントもたくさん販売されています。
お気に入りのものを複数ご用意されてまとめて洗濯するのはいかがでしょうか?


自宅でやるよもぎ蒸しのデメリット③ よもぎ蒸しセットを購入しないといけない

こればかりはどうしようもありません。
よもぎ蒸しを自宅でするにはそれ専用のよもぎ蒸しセットが必要です。
さらに私はできればよもぎ蒸しサロンで使用しているような本格的なよもぎ蒸しセットを購入していただきたいとも考えています。
よもぎ蒸しをサロンで行えば1回で3,000円~5,000円程度です。
そのことを考えれば、すぐに元が取れてしまうとも思います。

よもぎ蒸しセットと検索すればたくさんの商品が出てきます。
その中には2万円程度から十数万円まで幅広いです。
でも、やっぱり安いものは「なんちゃってよもぎ蒸しセット」も多いのです。

どうせ自宅でよもぎ蒸しをするのなら、実際のサロンでも使われている本格的なものをおすすめします。
安価なよもぎ蒸し自宅用セットはすぐに壊れてしまうものですし、本気でよもぎ蒸しを続けていくことをお考えなら「よもぎ蒸しサロンで使用されているレベル」のものをご検討ください。
おすすめのよもぎ蒸しセットはこちらです。

決してお安いとは言えませんが実際のサロンでもたくさん使用されている本格的な自宅用よもぎ蒸しセットです。
ご興味ある方は公式サイトもチェックしてみてください。

\実際のサロンでも使用されている本格的よもぎ蒸しセット/
温活よもぎ家のよもぎ蒸し【よもぎ蒸し座浴器セット】公式サイトはこちら



自宅でやるよもぎ蒸しのデメリット③ よもぎ蒸し後の漢方薬のニオイが気になる

よもぎ蒸し後の部屋の臭い

このよもぎのにおいが好きという方もいれば、漢方薬みたいな臭いが苦手という方もいます。
確かによもぎ蒸しを自宅で行うと部屋中にその臭いが立ち込めてしまいます。
でも、それも換気をすればそれほどでもないと思うのですが・・・

よもぎのにおいが苦手という方は「ハーブ」が混ぜられた良い香りのよもぎ蒸し用パックもたくさん販売されています。
その中からいくつかをお試しになってみて自分の好きな香りを探されてはいかなでしょうか?


自宅でやるよもぎ蒸しのデメリット⑤ 自己流でやるよもぎ蒸しのやり方が不安

よもぎ蒸し 注意点

美容サロンではきちんとよもぎ蒸しに関する講習を受けている方が説明してくれるので安心です。
特に妊活目的の場合は排卵後の高温期は避けるのがベターです。
しかし、それもさほど難しいものはありません。
ですから
よもぎ蒸しを自宅でやる前によもぎ蒸しサロンでよもぎ蒸しを数回体験してみることをおすすめしています。
プロの美容サロンの担当スタッフが細かく注意点や使い方を説明してくれます。
それだけでだいたいの注意点や使い方がわかります。

自宅でやるよもぎ蒸しのデメリットまとめ

いかがですか?
意外とあなたが考えていた自宅でやるよもぎ蒸しのデメリットは小さいものではなかったですか?

【よもぎ蒸しを自宅でする時の注意点まとめ】

自宅でやるよもぎ蒸しの最大の注意点は「突然の来客」です。
よもぎ蒸しを行っている最中に宅配業者が来たら・・・?
その時はきれいさっぱり、諦めて再配達を依頼しましょう。
とても玄関を開けられる状況ではありませんからね。

おすすめの自宅用よもぎ蒸しセット

少々お値段は張りますが、おすすめする自宅用よもぎ蒸しセットは「温活よもぎ家」さんのよもぎ蒸しセットです。














【温活よもぎ家のよもぎ蒸しセット解説動画】

詳しくは「温活よもぎ家」の公式ホームページをチェックしてみてください。

\実際のサロンでも使用されている本格的よもぎ蒸しセット/
温活よもぎ家のよもぎ蒸し【よもぎ蒸し座浴器セット】公式サイトはこちら

あなたのよもぎ蒸しライフがより良いものになるよう期待しています!